賃貸物件の内覧はここに注目

ネットの情報だけで賃貸を決めるのは危険!


賃貸物件を探すとき、まずはインターネットで探してみる方が多いのではないでしょうか。ネット社会と言われる今日、ほとんどの不動産会社がインターネットに賃貸物件の情報を公開しています。自分の希望の場所や間取りなどの条件を入力するだけで条件に該当する物件の一覧が出てくるので、とても便利です。忙しくて不動産会社に相談に行けない方は大変助かります。
しかし、ネットに公開している情報だけで賃貸物件を決めてしまうのは危険です。なぜなら、ネット上の情報と相違があるかもしれないからです。例えば、掲載されている写真はその物件が建った当初の写真なので綺麗に見えますが、実際は使用感があったり目立った汚れがあることがあります。条件面でも、「エアコン付」と書いてあるのに付いてなかったりする可能性もあります。
やはり、自分の目で実際に物件を見て確認することがとても重要になってきます。


賃貸物件の内覧でチェックすべきこと!


インターネットである程度気になる物件がしぼれたら、不動産会社に連絡して内覧を申し込みましょう。内覧でチェックすべきポイントはたくさんあります。まず部屋に入ったら掃除済みかどうか見ます。前の住人が退去した直後なら掃除してない可能性もありますし、掃除済みになっていても臭いや汚れが残っている場合は不動産会社の管理力を疑えます。次にセキュリティ面です。不審者に入られそうな造りではないか見ます。その他にも部屋の遮音性や傾き、日当たり、収納スペースの容量、コンセントの位置と数など、チェックすべき点は本当にたくさんあります。いくつかの物件を内覧する場合は、気になるポイントをリストアップしてチェックシートを作って持っていくと、他の物件との比較がしやすくなります。